INCUBATION OFFICE
インキュベーションオフィス

大阪のインキュベーションオフィス

インキュベーション(Incubation)とは「卵の孵化」という意味。それを経済用語で起業支援という意味で使うようになりました。
ODPはこれから独立予定の方、または、創業10年未満の方のためのインキュベーションオフィスです。創業期のクリエイターが、起業後、スムーズに軌道にのっていくことをめざし、インキュベーションマネージャーによる面談などの支援が受けられる単なる賃貸オフィスではなく、入所企業同士が切磋琢磨しながら、事業の成長、安定化に向けて、自立・成長できる環境が整っています。

入所期間は基本的には「1年間」ですが、事務局が必要と判断した場合、最長3年まで再契約が可能です。

フロアマップはこちらをご覧ください。

インキュベーションマネージャー(IM)
ODPにはインキュベーションマネージャーが常駐しています。入所企業の成長のために事業や販路の相談など多岐にわたってサポートいたします。

インキュベーションオフィス入所募集

インキュベーションオフィス

ハイパーテーションで仕切られた独立したスペースが確保できるオフィス。2.48~8.07坪のさまざまな広さの区画があり、事業の成長に合わせたオフィス展開が可能です。

インキュベーションオフィスの特長

大阪市運営の
公的インキュベーション施設

創業後おおよそ10年未満のデザイナー・クリエイターを対象に、24時間利用可能なインキュベーションオフィスをご提供します。入所企業にはインキュベーションマネージャーによる面談や事業発表の機会、専門家の紹介などの支援が行われます。

デザイナー同士の
ネットワーク構築

身近に協力し合える心強いデザイナー・クリエイターがいることにより、より幅広いビジネス展開につながります。

国内外のデザイン関連書籍で
情報収集が可能

デザイン関連書籍が約3,000冊揃うデザインライブラリーが利用できます。

充実のワークルームや
スペースの活用

無料で利用できるワークルーム・会議室・応接室などを設置。作品発表やイベントの開催などに使えるギャラリー・多目的ルームなどのレンタルスペースも入所企業は無料で利用できます。また大判プリンター・カラーレーザープリンターなどの出力設備が低料金で利用可能です。

施設・設備のご紹介

レンタルスペース

大きなギャラリーやショウケース、多目的ルーム、交流サロン、撮影ベースなど、は入所企業なら無料で使うことができます。
レンタルスペースについて

ワークルーム

大判プリンター、レーザープリンター、紙のカットスペースなど、様々なデザイン制作環境が整っています。(入所企業のみ)

ミーティングスペース

ミーティングや入所企業同士のコミュニケーションの場として活用いただけます。(入所企業のみ)

会議室

商談やミーティングなどに活用いただけます(〜12名程度)。(入所企業のみ)

応接室

商談や小規模ミーティングなどに活用いただけます(〜5名程度)。(入所企業のみ)

工作室

大型パネルや模型制作などの作業が行えます。(入所企業のみ)

フロアマップ

ODPフロアマップ
入所対象者
①クリエイティブ関連業種(IT、デザイン、イラスト、ライティング、編集、広告企画、写真、映像、音楽、出版、印刷等)で事業をされる方
②原則として創業後10年未満または、独立開業予定であること
③本施設を活動拠点とし、起業家(代表者)本人が常駐すること
④別に定めるATC館内規則を遵守できる方
室数・面積
インキュベーションオフィス 23室 2.48~8.07坪(8.2~26.67平方メートル)
運営負担金
インキュベーションオフィス 光熱費込み 6,000円/坪・月(消費税別途)
空室・料金
詳しくは「入所募集」ページをご確認ください。
契約期間
契約期間:1年間
ただし、当事務局が判断した場合、最長3年間まで再契約を行うこととします。
設備仕様
EPSON PX-H10000・SC-P9050G(大型出力機)/DocuColor1450 GA(Model-EX)
ワークルーム内PC関連機器/光ファイバー配線済み(有料)/駐車場有り(有料)
募集期間
入所募集ページをご確認ください。
備考
別途運営供託金が必要です。(※敷金に相当)

INCUBATION OFFICE
インキュベーションオフィス入所企業紹介