ODPで奮闘する独立クリエイターの1年間…

STAFF BLOG
スタッフブログ

ODPで奮闘する独立クリエイターの1年間の成果報告会を開催しました!

こんにちは。ODP事務局の板倉です。
ODPのインキュベーションオフィスにはアーリーステージのクリエイターが入所しており、入所して1年が経過した頃に、それまでの集大成として成果報告会を実施しています。
1月15日に実施した報告会では、昨年2月に入所されたAtlier HAL-oの大仲晴花さんとナカシマデザイン事務所の中島真範さんにそれぞれご報告いただきました。

まずは、Atlier HAL-oの大仲さんから。
グラフィックデザイナーをめざすことになったきっかけ、デザイナーとしてどういった道をたどってきたかを丁寧に話していました。大仲さんは、ご両親もクリエイティブ系の方で会社を経営しており、20代半ばで独立するきっかけのひとつになったようです。

卒業した幼稚園に自ら営業をかけ、ポスターやパンフレットなどの広報物制作を受注するというパワフルな一面を持ち、繊細なイラストから可愛らしいオリジナルキャラクターを制作し、今後グッズの販売などを行っていくことも計画されています。これからも大仲さんのペースでがんばっていってほしいです。

続いては、ナカシマデザイン事務所の中島さんです。
プロダクトデザイナーとして活動する中島さんですが、以前はパッケージデザイナーとして活動されていた時期もあり、印刷会社で勤めていた経験などを経て自分が本当にやりたいことに気づいたようです。

キラキラブロックやチューブロックといった他にないオリジナルに徹底的にこだわられています。現在は第3のブロックを開発すべく、端材を利用した子ども向けワークショップイベントを実施しながら研究されているということで、今後の展開が楽しみです。

お二人には1年間の事業の振り返りや得られたもの、気づいたもの、克服した困難やこれからの課題など、入所してからの経験を報告いただきました。
新しい入所クリエイターも少しずつ増えてきて、活気が出始めているODP。
私たちもよりよい事業環境づくりをしていきたいと思います。

このブログを書いた人:板倉 康裕