クリエイターのみなさん、情報発信力、強化…

STAFF BLOG
スタッフブログ

クリエイターのみなさん、情報発信力、強化できましたか?

みなさん、こんにちは!

チーフインキュベーションマネージャーの増田です。

日頃からクリエイターさんをサポートさせていただいていて、みなさん、本当に実力は確かなのに、その良さがなかなか伝わらない、または伝えられていないなぁ...と常々思っておりました。またクリエイターさん自ら、自己発信が得意ではないと認めておられる方もおられ、これをなんとか克服するセミナーができないものかと考えておりました。

そんな折、ATCさんからのご紹介で読売新聞社さんとのご縁ができ、読売新聞大阪本社内で「新聞のちから」という企業、学生向け教育ブログラムがあることを知りました。こちらでは「読む」「書く」「話す」を伸ばすお手伝いをされているということでしたので、これは、クリエイター向けに自社の発信のしかたを教えていただけないか?!と思い、相談を持ちかけたところ、セミナー開催にご協力いただけることになりました。講師の戸田先生は25年も新聞記者をされ、広報宣伝部長として情報発信もされている方で良いお話を聞かせていただけると確信していましたが、一方で私の中ではただ先生のお話を聴くだけでは、なかなか自分のものになりにくいと思い、講義中に添削を希望するクリエイターについては講義中に添削をお願いできないかとお伝えしたところ、こちらもご快諾いただき、事前応募の結果、6名の方々からPR文章が寄せられました。

ODPのホームページ、フライヤーでPR文章の添削希望者を募集しました!

開催についてはやはり添削もしていただくため、オフライン開催でなければクリエイターのみなさんに十分に勉強してもらえないと考えていたので、緊急事態宣言のため1度延期となり、6月25日(金)にようやく「クリエイターの情報発信を強化しよう!記者が取材したくなる文章のワザ」をオフラインで開催することができました。

いよいよ講義が始まりました!

先生からまず「よい文章を読んでください。」と言われ、多くのみなさんが新聞や本などじっくり活字に触れていないことに反省。講義の後、勇気を持ってご自身のPR文を提出された方々の文章添削へ...私が厳しめにお願いしますと先生にお願いしていたのもあり、良い点と悪い点をしっかりと伝えてくださいました。その後は参加者みなさんへの「バズる自己PR」を140文字で考える課題。私も一緒に参加させていただきましたが、なかなか140文字で伝えるのは難しい!!

真剣にPR文章を書くみなさん。なかなか短くまとめるのは難しい!

最後は希望者がその自己PRをみなさんの前で披露し、先生からコメントをいただく時間となりました。みなさん本当に積極的に参加していただき、ご自身のPR文章を良くしたいという熱意がこちらにも伝わってきました。また終了後、戸田先生からは「PR文章を事前に提出していただいたみなさんが、最後の発表では内容に変化が見られ、格段に良くなっていましたね。」とコメントをいただきました。引き続き良い文章に触れ、自分自身や企業さんの発信力強化に努力していきたいと思います。

このブログを書いた人:増田 たくみ