ポンコツ広報ブラザーズの入所企業訪問!#…

STAFF BLOG
スタッフブログ

ポンコツ広報ブラザーズの入所企業訪問!#16「合同会社 一筆社」

みなさん こんにちは! ポンコツ広報ブラザーズの入所企業訪問! 今回は、インキュベーションオフィスに入所されている 合同会社 一筆社  代表・ゲームライターの 亮彦さんにお話を伺いました。

ポンコツ「こんにちはー! よろしくお願いします。」

秦さん「こちらこそ!」

笑顔で迎えてくれた秦さん  ※今回は交流サロンスペースでインタビュー開始です。

ポンコツ「さっそくですが、ゲームライターって、どんなお仕事をされてるんですか?」

秦さん「はい、一つは、ゲームメディア向けの記事執筆と取材です。東京での仕事が多く、ゲームショウや大きなイベントがある時は、会場で数日間ずっと取材しながら原稿を書いています。 また、関西在住のゲームライターは珍しいので、関西でイベントや展示会がある時には重宝されています。」

ポンコツ「なるほど!  お忙しそう。  そして、もう一つは?」

秦さん「もう一つは、ゲームメーカー向けの広報支援です。 ゲームを作ったけど、どう伝えれば良いか分からない…という方に、プレスリリースの書き方や効果的な発信方法を教えています。」

ポンコツ「すごい!  僕たちも教えてほしいです!」

秦さん詳しくは、こちらのnoteにまとめてますのでぜひご覧ください。」

ポンコツ「おおー、とても分かりやすいです♪」

秦さん「8月には、ゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2021”で『はじめて書く!  自分で書く!  自社ゲームタイトルのプレスリリース』という講演もしました。」

とても楽しげにお仕事の話をされる秦さん

ポンコツ「大活躍ですね♪  お仕事をされていて、一番楽しいことって何ですか?」

秦さん「自分が好きだった、あのゲームを作った人と話せることですね。ゲームのシステムを作った人=敵の動きを作った人。  自分はゲームを通して、この人と戦っていたんだ!  この人があんな意地悪な仕掛けを!ということも(笑)。どうして作ったのか、今後は何を作りたいのか、純粋に一人のゲーマーとして聞ける。  ゲームライター冥利につきます。」

ポンコツ「いいですね〜♪  今後はどんな活動をされていく予定ですか?」

秦さん海外に向けての発信です。  ネットで海外のゲームメディアを調べて、細かくリストアップしています。  さらに現地の人に直接聞いたりして、濃いリストを作り、そこにプレスを送っています。  記事が掲載されれば、日本のゲームが世界中に広がっていく。今はそれに一生懸命です。世界のゲーム産業は、ますます規模が大きくなっています。そんな中で、日本のゲームはもちろん、クリエイターの想いを伝えるライティングができればと思っています。

最後に秦さんのオフィスで恒例の集合写真♪  ※お仕事道具のプレステ5が、机上に燦然と輝いています。※撮影の瞬間だけマスクをはずしています。

 

大好きなゲームに特化したライティングを軸に、着々と事業を展開されている秦さん。  同業として、いろいろ見習いたい!  と背筋が伸びたポンコツ広報ブラザーズなのでした。

合同会社一筆社さんの入所企業紹介ページはコチラをクリック

秦さん、ありがとうございました!!

このブログを書いた人:ポンコツ広報ブラザーズ