マネジメントスタイルのお話。

STAFF BLOG
スタッフブログ

マネジメントスタイルのお話。

こんにちは。インキュベーションマネージャーの板倉です。

みなさんは外注パートナーに発注したり、同僚や部下にヘルプをお願いしたり、いわゆるお仕事を別の誰かに任せて自分はチェックの役回りをするという状況のときに、どのような立ち回り方をされていますか?

とある休日にインターネットを見ていて、マネジメントのスタイルを4つに分けて解説している興味深い記事を見つけました。まずはこちらの表をご覧ください。

※画像は引用です。

さて、みなさんはどれに当てはまりますか?

私は「巻き取り型」と「マイクロマネジメント型」の中間といったところでしょうか…
手を出すこともあれば出さないこともありますし(手を出すことの方が多いかも)、指示の出し方はやや具体的かと自分自身では思っています(指示を出された側がどう思っているかは知りません…)

どれが良くてどれが悪いという話ではありませんが、マネジメント工数が増えるとそれに取られる時間がどうしても長くなってしまいますよね。

仕事の内容や状況に応じて、スタイルを使い分ける器用さを持ちたいものです。

このブログを書いた人:板倉 康裕