THE MAKING OF ODP CR…

STAFF BLOG
スタッフブログ

THE MAKING OF ODP CREATORS STREET 2021

こんにちは!板倉です。
日中はすっかり暖かくなりましたね。自宅近くの桜は八分咲きぐらいで、とても綺麗です。

さて今回のブログは、3/25(木)から始まりました「ODP CREATORS STREET 2021 〜ミライを描く〜」についてご紹介したいと思います。
と言ってもイベント概要や参加クリエイターの情報はWebサイトに載っていますので、今回は制作の舞台裏について少しご紹介します。

今回のイベントは、大阪のクリエイター42名の作品をリアル会場とオンラインの両方で展示していますが、会場展示の方は株式会社こふれさんにお願いしました。
こふれさんはODPのデザイナーズオフィスに入所されている会社で、パッケージデザインや段ボールを使った遊具の開発、子ども向けイベントを得意としています。

それでは早速ですが、準備中の様子をご覧いただきましょう!



こふれ社長が、今回のイベントのランドマークとなる巨大オブジェを制作しています。データから導き出した数値と長年培ってきた経験や勘を頼りに、どんどん組み上げていきます!



まだまだいきます!
出来上がったオブジェやエントランス用のサイン看板について、グラフィックデザイナーの黒岡と私が打合せ中です。(も、もめている!?)
右奥に見えるのは、額縁の外側のパーツですね。この段階では全体の進捗度は3割程度です。



続いての写真は、作品を並べる順番を検討している場面です。
同じような作品が連続しないように、また、額縁の向き(ヨコまたはタテ)、色(白または黒)の順番にも気を配りながら配置を考えていきます。(な、悩む…)



こふれさんによる設営中の様子もご紹介。気温の低い夜の作業。なかなかハードでした!



これ、真っ直ぐ取り付けるのがなかなか難しい。
しかも裏面には両面テープが貼ってあり、やり直ししづらい…。集中力が求められる作業が続きます。

さて、どんな仕上がりになったでしょうか!?
ぜひご来場いただき、ご自身の目で見ていただければ幸いです!ご来場が難しい方は、特設サイトをチェックしてくださいね!

#ODPミライ

このブログを書いた人:板倉 康裕