クリエイター応援!コロナ禍のリアルイベン…

STAFF BLOG
スタッフブログ

クリエイター応援!コロナ禍のリアルイベント開催を終えて。

こんにちは。インキュベーションマネージャーの板倉です。
前回のブログから約1ヶ月経ちましたが、すっかり寒くなり、いよいよ冬到来という感じですね。

さて、ODPでは11月19日(金)〜21日(日)の3日間、展示会イベント(集客型リアルイベント)「ODP CREATORS DAY 2021」を開催しました!



普段はクライアントワークが主な仕事である商業クリエイター。近年、クライアントワーク以外に個展やイベントなどの機会を通じて自己発信活動を行う方が増えてきています。ただ昨年から続くコロナ禍の中でリアル(対面)での発信機会は著しく減っており、クリエイターにとっても受難の時期。オンライン展示会もありますが、直接コミュニケーションのとれるリアルイベントを通してテストマーケティングの場をつくり、そしてODPというリアルなフィールドをクリエイターのみなさんにもっと知ってもらいたいという思いがあります。これが開催の主な動機です。

クリエイターによるオリジナルグッズの販売と作品展示「ODPクリエイターズマーケット」、色をテーマにした過去8色の展示会の作品を同時に観れる「アーカイブス カラーパーティーウエスト〈特別展〉」、クリエイターが冊子や映像で表現するそれぞれの町を集めた作品展「わたしのマチオモイ帖 10年をありがとう展〈2021 秋の大阪〉マチオモイの映像とゆうちょマチオモイカレンダー完成披露」の3つのイベントをODP内で同時開催。見ごたえのある内容とボリュームのイベントになりました。





クリエイターズマーケット開催にあたっては、密になりにくい空間にするため、ゆったりとした会場レイアウトを考えたり、3つのイベントを回遊してもらえるように案内サインなどを工夫したりと細かい部分にも気を配りました。







私は今回のイベントについてメインで担当させてもらってはいますが、ひとりでできることはたかがしれてます。組織として役割分担をベースに、ときにはその役割さえも越え、やった方がいいと思うことをそれぞれがちゃんとやる。時間いっぱいまでやり切る。今回はこれまでの展示会イベントに比べて初動が鈍かったことが最後まで尾を引き、広報PRにあまり時間をかけれず、コロナ禍ということを差し引いても集客には苦戦しました。このことは私の後悔となっていますが、次回の課題として取り組んでいきたいと思います。

この場をお借りして、クリエイターズマーケット出展者・関係者のみなさま、カラーパーティーウエスト出展者・関係者のみなさま、マチオモイ帖展出展者・関係者のみなさま、ODP事務局スタッフのみなさん、そしてなによりご来場者いただいたみなさまに感謝申しあげます。みなさまのおかげで、楽しく、明るく、強く、やり切れたと思います。まだまだ課題はありますが、みまさまとの出会いがODPにとっての財産です。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!







ODPは大阪市・ATCが設置する公的インキュベーション施設です。主な活動は、商業クリエイターに向けた独立・創業支援。今回のような展示会イベント以外にも、インキュベーションオフィスという独立クリエイター向けのレンタルオフィスを運営・管理もしています。

将来的に独立を検討されておられる方や、すでに独立し歩み始めておられる方との新たな出会いに期待して、私は2022年の準備に取りかかります。
それでは、また。


このブログを書いた人:板倉 康裕