ODP

ODP

施設インフォメーション 施設インフォメーション
  • 〈10/1〉支援対象の業種を拡大しました!
  • 〈10/1〉35歳以下対象の賃料割引キャンペーン開始!
  • 〈10/1〉貸出備品に撮影機器を新設しました!
ソーシャルデザインカンファレンス2015

EVENT

イベント情報
ソーシャルデザインカンファレンス2015ソーシャルデザインカンファレンス2015

ソーシャルデザインカンファレンス2015

~チャレンジ・イノベーション・インパクトから考察するソーシャルデザイン~

社会的課題解決型事業は、これまでに数多く誕生してはいますが、事業性・持続性・波及性から見て成功していると言える事例が少ないのが現状です。
優れた技術は前提ではありますが、技術やデザインという商品単体だけでは顧客ニーズは解決しません。
そういったことからソーシャルデザインカンファレンスの4年目の今回は、事例を通してチャレンジ(智慧を出し合い挑戦)・イノベーション(価値を生み出す新しい切り口)・インパクト(社会への影響と波及)の側面から考察し、カンファレンスを開催します。
ワークショップでは、ベンチャー企業やNPOなどの実際の現場の課題をテーマに、分野横断的にインパクトある解決へ向け実践する場を提供します。
そして、新しい技術やデザインを創造・融合させながらサービスデザインやビジネスモデルを考え、新しい価値と社会的インパクトを創出する方法の糸口を探ります。

【日 時】
2015年3月21日(祝・土) 10:00~18:00(開場9:30)
【会 場】
大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
【参加費】
前売券1,000円(税込)、当日券2,000円(税込)
※前売券をお持ちの方を優先させていただきます。
※ワークショップメンバー/オブザーバー共通
【定 員】
200名
【ワークショップ
メンバー募集】
当日、課題をテーマに実践していただきます。
詳しくはコチラ
※ご応募いただきましても、定員などによりご参加できない場合がございます。
【主催】
大阪デザイン振興プラザ(大阪市・アジア太平洋トレードセンター(株))
【共催】
一般財団法人大阪デザインセンター
【企画運営】
(株)ハーズ実験デザイン研究所、インフィニート・ラボ
【後援】
経済産業省、大阪府、独立行政法人国際協力機構 関西国際センター、大阪商工会議所、一般社団法人関西経済同友会、公益社団法人関西経済連合会、公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、 公益社団法人日本インテリアデザイナー協会、公益社団法人日本パッケージデザイン協会、一般社団法人日本デザインコンサルタント協会、協同組合ジャパンデザインプロデューサーズユニオン、公益財団法人関西・大阪21世紀協会、大阪デザイン団体連合(順不同)
【協力】
NPO法人エコデザインネットワーク、認定NPO法人大阪NPOセンター、NPO法人日本ファシリテーション協会
【問合せ】
大阪デザイン振興プラザ
TEL:06-6615-5510 Mail:odp00@osaka-design.co.jp
【Facebook】
特設ページ
【報道関係資料】
詳しくはコチラ

【ワークショップ/メンバー応募用はこちら】

【ワークショップ/オブザーバー用はこちら】

※メンバー応募者は、【メンバー応募にあたっての注意事項】に同意した上でお申込ください。

※キャンセルについての詳細はこちら

【講演】
sdc2015tanaka.jpg 10:10~11:00

つくることの連鎖を加速させるオープンデザイン

田中 浩也 氏
慶應義塾大学環境情報学部准教授
ファブラボジャパン発起人

今、世界では、ファブラボに見られるように一般人から医師などの様々な分野の人が共創し、また、国境を超え、必要とする人のために必要なサービスをより安価で早く届けることが可能になりました。
こういったテクノロジーやプロセスにおいてのイノベーションのしくみや、新しい価値と社会的インパクトをもたらす方法の糸口を探ります。

プロフィール
北海道出身。京都大学総合人間学部、同人間環境学研究科、東京大学工学系研究科社会基盤工学専攻修了。博士(工学) 。2008年より現職。市民包摂型ものづくり施設「ファブラボ」の日本における発起人。デジタルファブリケーションの可能性を「技術」と社会からの両面から研究・実践している。2013年より経済産業省「新モノづくり」有識者委員会委員、総務省『「ファブ社会」の展望に関する検討会』座長として、デジタル化やインターネット化に基づく社会変革について積極的な発言を行っている。著書に『FabLife』『SFを実現するー3Dプリンタの想像力』等。

sdc2015tabira.jpg 11:00~11:50

必要とする人に適正なサービスを届け波及させるには?

田平 由弘 氏
立命館大学 グローバルMOTセンター 補助研究員
E-education@Kenya主宰
パナソニック(株) 主幹

発展途上国においては先進国での商品やビジネスモデルの考え方では、事業化や普及が困難なのは周知の通りです。例えば、モバイルマネープラットフォーム(M-PESA/サファリコム)を活用して、毎週約3,000人の新しい世帯にソーラーホームシステムを提供するケニアのM-KOPAは、灯りそのもの以外に不健康な灯油からの解放と貯蓄というベネフィットを顧客にもたらしています。
こういった事例などから、サービス提供者と顧客との間の適正なサービスデザインやビジネスモデルとはどういうものかなどについて探ります。

プロフィール
長崎県出身。1981年パナソニック入社。TV、ビデオ、ムービーなどのAV家電向けデジタル信号処理半導体の開発、IEEE1394・USB・HDMI等のデジタルインターフェース用半導体のマーケティング、開発マネジメントを経て、現在は新規事業開発を担当。また、新市場への参入を目指したバングラデシュやケニアにおけるF/S調査などを経て、現在、プライベートで教育分野での調査・実験をケニアで行っている。2011年立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科卒。博士(技術経営)。

【パネルディスカッション】

13:00~13:50

チャレンジ・イノベーション・インパクトから考察するソーシャルデザイン

ソーシャルデザインカンファレンス実行委員長・モデレーター
村田 智明 氏
(株)ハーズ実験デザイン研究所 / METAPHYS 代表取締役
京都造形芸術大学 ソーシャルデザイン・インスティテュート所長 / プロダクトデザイン学科教授

パネリスト
田中 浩也 氏 慶應義塾大学環境情報学部准教授、ファブラボジャパン発起人

田平 由弘 氏 立命館大学 グローバルMOTセンター 補助研究員
E-education@Kenya主宰、パナソニック(株) 主幹

プロフィール
大阪市立大学工学部応用物理学科卒。86年同社設立、プロダクトを中心に「行為のデザイン」というユーザー行動分析法による商品開発、「感性価値ヘキサゴングラフ」など、デザインの論理化に努めている。企業のコアコンピタンスを活かし、ブランド、販路を共有するデザインブランドMETAPHYSを2005年発表。行政デザイン事業関連では、感性価値創造ミュージアム2009実行委員長、エコプロダクツデザインコンペ07~10実行委員長、東京都美術館新伝統工芸プロデュース事業アートディレクター、新潟百年物語デザインディレクター、越前ブランドプロダクトコンソーシアムプロデューサーを務める。2011年、同大学院に社会問題をデザインで解決するSDIを開設。

【ワークショップ】

sdc2015onodera.jpg 13:50~17:50

ベンチャー企業やNPOなどの抱える課題をテーマに実践

プロデューサー・総合ファシリテーター
小野寺 トモ 氏
インフィニート・ラボ 代表
大阪NPOセンター認定コンサルタント

8団体の課題をテ―マにし、各テーマに従って募集した多様な分野のメンバー構成で実施。団体別にグループに分かれ、テーマ提供者やユーザー候補者にインタビューをしながら課題を特定してアイデアを出し(ソリューション・プロトタイプ・ビジネスモデルなど)フィードバックをもらいながらブラッシュアップしていきます。

プロフィール
イタリアのインテリアデザイン・販売会社SAWAYA&MORONIや国内文具メーカーの商品企画部においてプロダクトマネージャー・デザインディレクターなどを経て、インフィニート・ラボを設立。主に大手メーカーなどに対して、社会的課題にフォーカスした少し先の未来の生活のための新規事業開発を支援。主に消費材を中心にヒューマンセンタードデザインによるワークショップやフィールドワーク調査を通して、生活者の隠れた期待価値を見つけ出し、コンセプト・デザイン・ビジネスモデルを立案。これまで携わった分野は幅広く、家電・エネルギー・教育・ヘルスケア・農水産加工・文房具・商業施設・家具などを手がける。また、調査を行った国は、国内の他、イタリア・バングラデシュ・ケニアなど多様。

(ワークショップについて)
ヒューマンセンタードデザインで考えるワークショップ。当日、下記の商品・サービスにおける課題をテーマに実践していただくために、各テーマに従って多様な分野のメンバーを募集します。
ご応募いただきましたら、後日、結果を事務局からご連絡させていただきます。

 

【テ―マの紹介とメンバー募集】

ホッかる
分別リサイクル紙容器

環境

上田 孝司 氏
秀英(株) 専務取締役

  • ◎メンバー募集(定員5名):
  • ・デザイナー(プロダクトデザイナー・アートディレクターなど)
  • ・ビジネスプランナー(マーチャンダイザー・プランナーなど)
  • ・その他(企業家志望者・環境系NPOなど)
■事業概要
プラスチック・スチロールに替わるリサイクル紙容器。誰でも、いつでも、どこでも、特別の器具も必要なく、内側のフィルムと外側の紙容器が分別できる。分別した紙容器は、簡単に展開して1枚の紙に戻り、フィルムは廃棄され、紙は再生紙へとリサイクルされフィルムは焼却してもダイオキシンなどの有害物質を発生しない。
http://www.hokkaru.co.jp/
■課題の仮説
・別組織での集中した事業展開を行い事業を加速させる。
(起業家との連携、NPO立ち上げも含む。)
・ビジネスモデルの検討。
・新チャンネル×新商品の市場検討と戦略。
(対企業/紙皿に替わるものなど)

ツナガード
リュック一体型ライフジャケット

防災

下出谷 良治 氏
(株)ネスト・ジャパン

  • ◎メンバー募集(定員5名):
  • ・デザイナー(プロダクトデザイナー・アートディレクターなど)
  • ・ビジネスプランナー(マーチャンダイザー・プランナーなど)
■事業概要
ライフジャケットとリュックが一体化したTSUNA GUARD(ツナガード)という名の救命道具を提供。「ただの防災備蓄」として万が一の際にしか使えないのでは、あまりにもスペースやコストがもったいないと考え、普段使いや旅行の際にも利用可能とした。「津波や水害の被害者をひとりでも減らしたい」、TSUNA GUARD(ツナガード)にはそんな思いをこめている。
http://tsunaguard.jp/
■課題の仮説
・エンドユーザーの分類とターゲットの優先順位の明確化。
地域/男女/年齢/生活環境/使用シーン(通勤/津波)/嗜好など
・日常においてと津波の際においての体験価値の確立。
各エンドユーザが普段使いしたい!と思わせるデザインなど。
・ビジネスモデルのブラッシュアップ。
・それぞれのストーリー・タッチポイントのデザインとアプローチ戦略。

QR Translator
多言語翻訳ツール

多文化

高岡 謙二 氏
(株)PIJIN 代表取締役

  • ◎メンバー募集(定員5名):
  • ・デザイナー(アートディレクターなど)
  • ・エンジニア(ソフトウエアエンジニア)
  • ・ビジネスプランナー(プランナー・施設プロデューサーなど)
■事業概要
世界を言語バリアフリーに。ユーザーが自分の携帯端末でQRTranslatorで生成されるQRコードを読み取ると、ユーザー端末の言語設定を認識して翻訳文を表示させられる。看板や印刷物を簡単・省スペースで多言語化できる世界初のソリューション。 日本で特許を取得、PCT(特許協力条約)に基づく国際出願も完了。
事例:あべのハルカス / 関西国際空港 各100ヵ所以上に設置。
http://www.qrtranslator.com
■課題の仮説
・次期ステージとしての新しい展開テーマ。(応用型)
例)専門分野に特化したもの/別サービスと組合せる/ブラウザ専門の開発
・現場での活用率アップ。
存在性を上げるためのQRコード周辺のデザインガイドラインなど。
・顧客が導入後のサービスデザイン。

OTON GLASS
文字が読みにくい方をサポートするウェアラブルデバイス

福祉・多文化

島影 圭佑 氏
(株)Particular design
代表取締役 社長

  • ◎メンバー募集(定員5名):
  • ・デザイナー(プロダクトデザイナー・福祉機器開発経験者など)
  • ・エンジニア(ソフトウエアエンジニア・OCR/福祉機器開発経験者など)
  • ・ビジネスプランナー(プランナー・ファンドレーザーなど)
■事業概要
世界には文字を読むことに困難を抱えている方が沢山いる。OTONGLASSは、ディスレクシア(文字が読みづらい障がい)の方々が生活の中で 直面している読み間違いや読むのに時間がかかるといった課題を、文字を音声に変換するウェアラブルデバイスによって読む能力を拡張し解決することを目指す。
https://medium.com/@OTONGLASS/what-is-oton-glass-f62ed8318dd0
■課題の仮説
・ターゲットの特定と絞り込み。(再定義)
どういったレベルの症状にあるどのような方が対象か。
・その方のありたい状態に対して、何をどう実現すればよいのか。
何を優先させるのか、どの程度の機能やサービスにするのかなど。
・ビジネスモデルのブラッシュアップ。
・優先順位とロードマップ。

ジェンナーの会/うっ太郎GENKI手帳
予防接種からの子育て支援と予防啓発

保健

石井 佳子 氏
ビープラスシステムズ(株)
代表取締役

※諸事情によりこちらのテーマは中止となりました。

  • ◎メンバー募集(定員5名):
  • *幼児を持つ母親の方/他のアジア出身者の方など歓迎
  • ・デザイナー(Webデザイナー・イラストレーターなど)
  • ・ビジネスプランナー(ブランディングプロデューサ・プランナーなど)
  • ・その他(医療従事者)
■事業概要
小児科・内科の予防接種の誤接種のリスク軽減や、予約業務の負担やストレスを軽減するために、医療機関の予防接種と健診のネット予約受付と予防接種マネジメントを効率化する「ちゅうしゃうっ太郎」を開発販売している。患者世帯は無料で登録でき、家族の履歴管理・スケジュール確認・ネット予約ができる。

http://www.e-chusya.com/

 

その後、予防を促進するためには、患者世帯の正しい知識向上のための啓発が重要であると考え「ジェンナーの会」を設立。
うっ太郎開発メンバーや有志の医師・薬剤師・経営者などと共に「予防」についての啓発コンテンツ制作やイベントを開催しているが、もっと、意識向上と普及啓発活動・子育てをする保護者の支援・小児医療サービスの向上の支援の役割を担うにはどうすればよいか模索している。
http://www.jenner-as.net/
■課題の仮説
・「ジェンナーの会」への登録対象と、登録するベネフィットの明確化。
・他社類似サービスとの差別化とコンテンツの商品化。
啓蒙活動と調査を通して、保護者・医療機関・自治体のニーズに合った無償コンテンツと有償コンテンツの検討。
・外部の子育て世代との連携。
ご自身の子育ての経験を通して、ボランティアで協力していただける人材との連携。(将来的には、ビジネスパートナーとしても検討)
・効果的なPR方法の検討。
登録世帯が積極的にコンテンツにアクセスしていただきやすいアプローチやUIの工夫。(「うっ太郎GENKI手帳」から配信する「ジェンナーの会」のコンテンツやPRが、医療機関からの告知ではないことを明確にした上で)

ツナグRemake
Remakeでモノと人をつなげるプロジェクト

環境

庄田 佳保里 氏
NPO法人いけだエコスタッフ
理事長

  • ◎メンバー募集(定員5名):
  • ・デザイナー(Webプロデューサー・Webデザイナー・アートディレクターなど)
  • ・ビジネスプランナー(ECサイト企画運営者・ビジネスコンサルタント・ショッププランナーなど)
■事業概要
地域事業者と連携し、不要になった家具と着物を引き取り、世界に1つのRemak(リメイク)品へと生まれ変わらせ、次なる使い手へとモノをつなぐことで、ごみの削減を行う。しくみとして、リメイク講座を開催してリメイクできる人を増やすことと、提供者・欲い人・リメイクする人の者のネットワーク化による交流でリメイク品の制作と流通を促進し、地域内でモノが循環する社会を目指す。2014年11月から準備開始。
http://ikeda-ecomuseum.org/
■課題の仮説
・モノと人のマッチングや波及させるしくみづくり。
→ 近い将来、キュレーション型ECサイトの企画・運営を行うにあたり、オフンとオンラインでいかに相乗効果を出すか。既存の リアル店舗とECサイトのストーリー設定。
・リメイクの意識と習慣を根付かせる。
→リメイクコンテストを実施。
・リメイクできる人を増やす。
→リメイク講座を開催しRemakerを創出する。
*以下より、ワークショップは英語で実施。 From below, workshop carried out in English.

 

Smart Card Payment System
Use of Smart cards for electricity bill payment in Afghanistan

金融

HASSANI Ehsanullah 氏
神戸情報大学院大学
アフガニスタン出身

  • ◎メンバー募集(定員5名):
  • ・デザイナー(プロダクトデザイナー)
  • ・エンジニア(ハードウエアエンジニア・ソフトウ
    エアエンジニアなど)
  • ・ビジネスプランナー(ファイナンス関係者・プランナーなど)

 

  • ◎Member recruitment (Capacity 5 people):
  • ・Designer (Product Designer)
  • ・Engineers (Software Engineer)
  • ・Business planner (such as Financial officials Business planner)
■事業概要
電気代の自動引落しができないアフガニスタンにおいて、本サービス案は、電力会社と中央銀行との提携のもと、スマートカード決済システムにより、簡単で確実に電気代を支払えるサービスの実現を目指す。
電気料金の請求は、SNSで顧客に通知され、顧客は、スマートカードで
近くのコンビニエンスストアにおいてストレスなしで支払うことができる。また、将来、このスマートカードは、他の日常サービスの取引のために使用することができるプラットホームとしての可能性もある。
■Overview of the business plan
In Afghanistan, where automatic debit payments of electric bills is not possible,the smart card payment system which is a conceited effort by the electriccompany and central bank, provides and easy and reliable system of electric bill payment service.
In this system, the electric bill statement is sent out to the customer through and SNS message, the customer then pays the bill in the nearest convenience store using his or her smart card with minimum stress.
This smart card platform also holds future potential services that can be
extended to be used in other daily transactions.
■課題の仮説
・M2Mの各機能とシステムの明確化。
(電力計測機・自動制御システム・スマートペイメントシステム・スマートカードリーダー)
・どのような体験価値が適し、それらをどう伝え、普及させるかの戦略。
スマートリーダーのデザインから、個々のタッチポイントのデザインなどを含む。
・ビジネスモデルのブラッシュアップ。
■Hypothesis of the issue
・Clarification of various functions of M2M solutions and Systems.
(Electric calculation function and automatic control system, smart ayment
system, smart card reader)
・What kind of valuable experience is suitable for user? How to spread them?
Including the design of the smart reader and each touch point of ervices.
・Enhancement and improvement of business model.

e-Agriculture Project
Promoting Technology Based Framework in Agriculture Sector

農業

HASAN Mehdi 氏
神戸情報大学院大学
バングラデシュ出身

  • ◎メンバー募集(定員5名):
  • ・デザイナー(Webプロデューサー・webデザイナーなど)
  • ・エンジニア(ソフトウエアエンジニア・アグリ系
    エンジニアなど)
  • ・ビジネスプランナー(プランナー・データアナライザーなど)
  • ・その他(農業従事者など)

 

  • ◎Member recruitment(Capacity 5 people):
  • ・Designer (such as Web producer ・Web Designer)
  • ・Engineers (such as Software Engineer・Agricultural Engineer)
  • ・Business planner (such as Business Planner・Data Analyzer)
  • ・Others (such as farmers)
■事業概要
バングラデシュの農業人口は約48.1%*と高いが、安定生産や作業
効率がよいとは言えない。本サービス案は、バングラデシュの農村部の人々が、Web上の農業ナレッジバンクを軸に農業に必要な基本的知識や気候情報などを共有できるというもの。また、コールセンターへ作物・土・農法・気候に関する質問ができたり、訓練サービスでは、地域の農業責任者などから直接、指導が受けられる。農業プラットホームとして構築し、作物の安定生産と農業従事者の収入の向上促進を目指す。
*2010年度バングラデシュ財務省
■Overview of the business plan
Even though the Bangladesh agricultural population is as high as about
48.1% *, there still remains huge inefficiencies in work practices and rate of production remains unstable.
In an effort to alleviate this problems, this service proposes to build a
knowledge data base that contains some basic knowledge and climate information needed for agriculture, that can be shared with the rural people of Bangladesh.
In addition, a call center can be set up to receive queries on crops, soils,farming methods and climate. Furthermore inquiries and request on the
training services can be made directly to persons responsible for regional agricultural development. By Build such an agricultural platform, I aim to improve the improve revenue of farmers and assist them to maintain a
stable production of their crops.
*2010 Bangladesh ministry of Finance
■バングラデシュにおける農業の課題
1. 価値連鎖(サプライチェーン)開発。
2. 作物の適正販売価格の設定。
3. 適切な訓練および提案。
■本サービスにおける課題の仮説
・サービスコンテンツの検討。基本的情報の選択・収集とデータベー
ス化のノウハウ含め。
・どのような体験価値が適し、それらをどう伝え、普及させるかの戦略。Webサイトのデザインから、個々のタッチポイントのデザインなどを含む。
・ビジネスモデルのブラッシュアップ。
■Issues facing Agriculture in Bangladesh
1. Value chain development (Supply Chain).
2. Setting of appropriate prices for the crops
3. Suitable training and proposal.
■Hypothetical issues in regard to this service
・Study on the contents of the service.
Selection and collection of the information. Including the database
development knowhow.
・What kind of valuable experience is suitable for user?
How to spread them?
Including the design of the smart reader and each touch point of services.
・Enhancement and improvement of business model.

【メンバー応募にあたっての注意事項】

*応募者は、以下の事項に同意した上でお申込ください。

  1. ①本イベントの記録・広報を目的として、各グループから出されたアイデアや創作物また、そのプロセスの写真・動画などをテ―マ提供者や主催者が保管、情報発信すること。支障がある場合は、事前にお申し出ください。
  2. ②メンバーは、自らの勤務先・就業先規則などにより、ワークショップにおける創作活動への参加に制限を設けられていないことを確認すること。
  3. ③主催者やテ―マ提供者が要求した場合、参加者に提供する資料・参考品などを本ワークショップが終了後、または、当日に返却・消去すること。
  4. ④本ワークショップ実施期間中で知り得た第三者の秘密情報を外部において一切口外しないこと。
  5. ⑤各グループが作成したアイデアや創作物などは全て公知のものとし、メンバー及びテ―マ提供者がこれらに関する著作権などを主張することはありません。
  6. ⑥本イベントの開始前に受付にて、上記①から⑤の内容を承諾する旨が記載された同意書に記名捺印の上、提出することを参加条件とすること。

※メンバーへの応募者多数の際は、事務局側で申し込み時の情報を基に「スキル・経験」「応募動機・開催趣旨との整合性」などの観点から書類選考を行います。

【キャンセルについて】

原則、チケットのキャンセルをすることはできませんが、やむを得ない場合は3/13までに主催者へご連絡ください。
※以下の場合は返金手数料としてキャンセル1件につき500円の手数料が発生します。

  1. (1)クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過している場合
  2. (2)コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合

【ワークショップ/メンバー応募用はこちら】

【ワークショップ/オブザーバー用はこちら】

facebook

twitter

top