大阪デザイン振興プラザ

  • English
  • Twitter
  • facebook

イベント情報

8.7.fri 開催
デザテン『INGRESS』
~人を動かすデザインと観光への活用~

『デザテン』は、心に響く"展"開、人生の新しい"転"機、世界と日本の共通"点"や異同"点"を知ること...これらたくさんの"テン"を集めて、デザイナーやクリエイターのビジネスに役立つ情報や、これからの時代に必要なひとつ先のクリエイティブライフをつくるための情報を主に、セミナーを実施するイベントです。

Googleの社内スタートアップ「ナイアンティック・ラボ」が開発・運営する、スマートフォンに対応したオンライン・位置情報ゲーム「Ingress」。今年3月に京都で開催された公式大会には5600人以上のプレイヤーが参加し、熱い戦いを繰り広げた。岩手県や横須賀市など、行政や自治体でも本作品を用いたインバウンド観光への取り組みが始まっている。

今回のデザテンは、「Ingress」をテーマに、ゲーム作家の飯田氏をお招きし、人を動かすデザイン(ゲームデザイン)やそのUIについての解説と共に、どのように各地で開催され、観光集客につながっているのかをご紹介いただきます。また「Ingress」のイベント実施方法やユーザーがどのように魅力を感じ街を回遊するのかを紐解き、「人を動かすイベント」全体のデザインやプロデュース方法についてもご紹介いただきます。
【日 時】
2015年8月7日(金)18:00~20:00(受付開始 17:30)
講演後、交流会あり(20:10~21:10)
【定 員】
先着30名様(事前申込制)
【参加費】
1,000円(交流会費別途 500円)
【お願い】

当日、お名刺(2枚)を会場前受付にてご提出ください。

【対 象】
デザイナー・クリエイター、観光関連事業者、自治体の観光・地域振興の担当者 など
【会 場】
ODPギャラリー(ATCビル ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ内)
【プロフィール】
飯田 和敏 氏 / ゲーム作家・立命館大学映像学部教授
立命館大学映像学部教授。1968年生まれ。多摩美術大学卒業。
『アクアノートの休日』(1996年、PS)でディレクターデビュー。以降、『太陽のしっぽ』『巨人のドシン』などを制作。アート色の強いゲーム作家として知られる。
2011年、日本科学未来館の常設展示『アナグラのうた-消えた博士と残された装置-』で
第15回文化庁メディア芸術祭エンタテインメント部門優秀賞を受賞。
現在は立命館大学映像学部で「美術とゲーム」をテーマに創作、研究活動を行っている。
【INGRESSとは】
"The world around you is not what it seems."
(あなたの周りの世界は見えているままとは限らない)

IngressはGoogleの社内スタートアップ「ナイアンティック・ラボ」が開発・運営する、
スマートフォンに対応した、オンライン・位置情報ゲーム。2013年11月より公式リリースし、
現在は1200万以上ダウンロードされている。第18回文化庁メディア芸術祭ではエンタテインメント部門大賞を受賞。
https://www.ingress.com/
【申込・問合】
※お申込は下記の専用申込フォームからお願いいたします。
※お申込締切は8/6(木)17時までとなっております。
大阪デザイン振興プラザ 事務局
TEL:06-6615-5510
E-mail:odp00@osaka-design.co.jp
559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟10階
【主 催】
大阪デザイン振興プラザ(ODP)
【共 催】
大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会(ODCC) 観光・地域振興プロジェクト