大阪デザイン振興プラザ

  • English
  • Twitter
  • facebook

イベント情報

U-30 Young Architect Japan.
多様な光のあるガラス建築展(大阪巡回展)

ガラスは、透明性をもる硬質素材という特質により、温度や湿度、騒音などから人々を守る役割を果たしながら、内部空間に明るい光をもたらし、外部環境への視界をクリアに広げることができる、現代建築には欠かせない存在となっています。閉ざしながら透明性をもる未来的な空間には、人々に清々しさや感動を与える力があります。本展では、今後の活躍が期待される30歳以下の若手建築家による指名設計競技にて提案された、ガラスの新しい使い方を試みた建築の展示を行います。設計競技の最優秀案作品は、実際にガラスを用いて制作したモデルが展示されます。「多様な光のあるガラス建築」をテーマに、ガラスの特性を新たな視点から読み取った提案を期待することで、未来のガラス建築の可能性を示します。

2013年10月11日(金)AGC studioで開催した、U-30指名設計者による「ガラス建築の設計競技」において提案された作品の中から、審査を経て選出された最優秀案を、原寸スケールにて展示します。また、優秀賞2点はパネルおよび模型、他の提案作品2点はパネルを展示します。
会 期
2014年8月1日(金)~8月30日(土)日曜休
時 間
10:00~18:00
会 場
大阪デザイン振興プラザ ギャラリー
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10
アジア太平洋トレードセンター(ATC)ITM棟10階
大阪デザイン振興プラザ内
入場
無料

【開催記念トークイベント】
日本を代表し全国で活躍をする出展若手建築家のひとつ上の世代の建築家、構造化をゲストに迎え、設計競技の審査と経過から、これからのガラス建築の在り方や可能性を探ります。
■報告書はこちら (PDF:369KB)

日時
2014年8月1日(金)18:30~20:00
(18:00開場 18:30開始 20:00終了)
会場
アジア太平洋トレードセンター(ATC)ITM棟10階
ODP多目的ルーム
スピーカー
岩瀬諒子(最優秀賞)、太田浩史(建築家)×佐藤淳(構造家)×平沼孝啓(建築家)
入場
無料
定員
70名(事前申込制・先着順)
申込
ウェブサイトからお申込みください
http://agc.aaf.ac/exhibition/
問合先
特定非営利活動法人アートアンドアーキテクトフェスタ
info@aaf.ac
URL:http://agc.aaf.ac/exhibition/